家族葬について知っておきたいことって?

いま急速に需要を伸ばしている家族葬、これは一体どういうものなのか?一般葬に比べて価格はどうなっているのか?形式がどう変わるのか?メリットデメリット含めてご紹介いたします。

家族葬ってこんなお葬式

家族葬

以前は一般葬がメインでしたが時代とともにそれも変わってきており、現在は家族葬という形式をとる家庭も多く見られます。移住してきた人が多い吹田市でもその傾向があり、地元の人を呼ばずにお葬式をする、そんなときは特に家族葬を選ばれている傾向にあります。そんな家族葬とは一体どういうお葬式なのか?ご紹介いたします。まず家族葬は密葬の一つであり、参列する人をごく近しい人にしぼったお葬式です。このごく近しい人、というのには制限はとくに設けられておらず、同居している家族だけの場合もあれば生前親しかった人だけを招くなど、故人の交友関係などによって異なります。

基本的に家族葬プランは人数で区切られており、20人、40人と一般葬に比べて少ない人数で行なうためのお葬式として作られています。この家族葬が需要を伸ばしているのが理由があり、それは時代にあります。現代は高齢化社会となっており、故人の多くが高齢者です。すでに社会的繋がりが希薄で、あまり親しい人がいない、疎遠になっている、いたとしても相手も高齢者なので参列が難しいなどの理由から参列できる人がもともと限られているケースが非常に多いです。そのため一般葬をするほどに人数が集まらないのが実情、それならばと人数をより制限した小さなお葬式にしよう、と考える人が多いのです。

香典を受け取らない例も多いので、結果的にあまり金額が変わらない場合もありますが、祭壇なども小規模になるのでその分費用がおさえられる、というのも特長となってえいます。そして一般葬の場合は参列する方々の対応に遺族が追われてしまうことが多いですが、家族葬の場合御葬式に参列するのはごく一部の人のみです。なので対応に追われることなく、ゆっくりと故人との最後の時間を過ごすことができるというのも特長で、それを主な理由に家族葬を選ぶ人もいます。お葬式は遺族の整理の時間とも言われており、心の整理をするために、故人の死を受け止めるために必要な時間です。

家族葬はその意味をより感じられるアットホームなお葬式であることがとても多く、ごく少数の身内だけで思い出話をしたり、またお葬式のあとは気を使わないレストランなどでゆっくり食事しながら、また故人についての話をしたり、これからについての話を落ち着いて行なえます。参列者が少ない、というメリットはとても多いもの、その分距離の近いお葬式を心をこめて行なうことができます。他にも一日葬、直葬などの方法もありますが、家族葬の場合小規模なだけで行なう内容は殆ど一般葬と変わらないことが多いです。従来の形式で見送りたい、という考えを持つ人は非常に多いもの、家族葬の場合従来の流れを大事にしたまま小規模で身近に故人を見送ることが可能です。現代も伝わるお葬式の形、しかしそれも多様性が認められており、自分達の意志を尊重したお葬式をあげる例も増えています。家族葬の場合故人の趣味などをモチーフにした、より自由度の高いお葬式も考えられるので終活の段階から計画している人もいらっしゃいます。

家族葬における注意点とは

家族葬

吹田市でも需要がある家族葬、その専用定額プランを設けている葬儀社もあるほどです。現代社会のニーズにあっている家族葬はメリットが非常に多いですが、きちんと気を付けておかなければならない部分もあるので注意点についてもご紹介いたします。家族葬は限られた人数でのお葬式、一般葬の場合はさまざまな人が来る前提なので、中には遺族とは面識のない人もくる場合があります。最後の別れということで駆けつけたい人はいるもの、一般葬の場合はそれを参列する側に委ねやすいのでそうトラブルは起こらないものですが、家族葬の場合ここが違います。家族葬にすることで参列できない、最後のお別れができない、という人も中にはでてきます。

希望しているのに最後の挨拶もできなかった……そうした後悔を残してしまう場合もあり、それがトラブルに発展してしまう場合があるので要注意です。そのためお葬式をあげるとなったときに、きちんとことわりをいれて理解を得ておくのが大事となっています。また家族葬は香典をいただかないことが多いので、お葬式にかかる費用はそのまま負担となります。なので香典を期待して盛大な家族葬をしてしまうとあとで後悔することも……そうならないようにしっかり計画をしておきたいところです。

家族葬は現代社会のニーズも古来からの流れも大事にできるお葬式の方法なのでとても人気、しかしこうした部分も把握してかなければ思いもよらないトラブルになることがあるので、しっかり頭に入れておきたいところです。また家族葬自体普及して日が浅いとされています。なので、家族葬自体に理解が得られないケースも稀にあるので、きちんと周囲の理解を得たうえで決めるのがおすすめです。調べること自体はネットで簡単に可能、吹田市にもたくさんの葬儀社がありますが、いずれもネットや電話でまず問い合わせが可能なので、まずは見積もりをしてもらうだけでもおすすめいたします。ご自身のお葬式のプロデュースを考えている方も関心が高いことです。

家族葬にかかる費用、適した葬儀社は

家族葬

お葬式でもお金の話はとても大事、予算内でおさまるようにお葬式をしないといけないです。けして安くはない葬儀費用、ここでは家族葬にかかるお葬式の費用についてご紹介いたします。家族葬にかかる費用はおおよそ90万円台とされており、一般葬より50万円程度安い金額で執り行うことができます。何故家族葬の方が安いのか?それは参列者を呼ばない為斎場使用料などがおさえられて、また祭壇も小さいものにして問題なくその分費用が安くなります。そして接待費用や返礼品なども費用がかからないのでその分が節約されます。とはいえお布施の金額は一般葬と同様なので注意が必要です。

一見安いように感じますが、香典を考慮した場合は同等になる場合もあるので、いまいちど参列者のことを考慮して考えるのがおすすめとなっています。そして家族葬に適した葬儀社ですが、まず家族葬にはこれが必要!という設備はないです。祭壇に関しても自宅で設置しても問題ない小さいものもあります。ではどこを見て選ぶかというと、家族葬を専門にしているかどうかです。オールマイティにお手伝いしているところもありますが、家族葬に関するメリットデメリットを知り、専門的に行なっているところがやはり頼りになります。また独自の流通ルートでより安い金額でプランを用意しているところもあります。そうした業者は家族葬を専門にしている、と自社ホームページなどにも明記しています。いままで家族葬の実績が多い葬儀社を利用するのがおすすめ、臨機応変に対応してもらえますので、こだわりも汲んでもらいやすくなります。

最後の思い出として大切なお葬式、吹田市には家族葬の実績が多い葬儀社があります。また安心して予算を決めやすい定額プランも用意しており、24時間専任スタッフが対応、急なお葬式にも対応してくれます。故人と遺族の最後の時間を過ごす場であるお葬式、心温まる家族葬をおすすめいたします、